広々なお部屋でのんびり過ごそう!一人暮らしの2DK活用術

なぜ一人暮らしで2DKなのか?

2DKは、居室2つにダイニングキッチン、トイレ、お風呂という構成が一般的であり、カップルや一人っ子世帯向けの間取りとなっています。そんな物件は、2015年現在、独身世帯への需要もあります。2DKを一人暮らしで借りれば、使っていない部屋を物置として使うことが可能です。特に荷物が多い場合は重宝することでしょう。また、将来、結婚できた場合に住み替える必要がなく、引っ越しにかかる費用と片付けなどの手間が省けます。

これは安い!2DKはなぜ安いのか?

賃貸物件の家賃は、一般的に1Kよりも1DK、2DK、そして2Kといった少し広い物件が低い家賃で募集されている傾向にあります。なぜかというと、1Kは一人暮らし向けであり、若年層が多く利用しています。そのため、リフォームや新築物件の建設などがあり、部屋が綺麗な傾向にあります。そのため、家賃が高くつきやすくなります。一方、2DKは古い物件が多く、2015年現在ではあまり建設されていない間取りになります。設備や構造も古いものが多いため、家賃が低いのです。

一番住みやすいタイプのレイアウトは?

物件の間取りは、同じ広さでも部屋の配置など、レイアウトが異なります。例えば、2DKの場合は部屋が一列に並んだタイプや部屋が独立し、廊下があるタイプなどがあります。部屋が一列のタイプは、玄関からみてダイニングキッチン、居室が奥に向かって並んでいるのが特徴です。家賃は比較的低いが、通り道になる部屋が出てくるなど、使い勝手で劣る場合もあります。一方、独立したタイプは、ダイニングキッチンと洋間が南側に、トイレや和室が北側といった配置が特徴です。

帯広の賃貸は、一軒家の賃貸住宅もあるので家族で憧れの一軒家に住みたいという方にとても人気があります。