賃貸を退去するときの原状回復の義務の範囲

壁にできてしまった黒ずみ

テレビや冷蔵庫などの電化製品は、生活に必要なものですが、長期にわたり生活していると、テレビや冷蔵庫を置いていると壁が黒ずんでしまうことがあります。この黒ずみに関しては、退去時に壁の修復費用として貸主が負担することが通常となっていますから、借主が負担するということはほとんどありません。これは、生活をして入れば当然起こりうることであり、借主が故意に行ったものではないという判断に基づいています。ですから、壁の黒ずみの負担は心配する必要はないでしょう。

フローリングのへこみ

通常の生活していくためには、多少重量のある家具を置く必要があります。多くの賃貸物件はフローリングか畳になっていますが、そこに家具を置けば場合によっては、床に跡がつくということはよくあることです。この床のへこみについても、貸主が負担すべきものであり、借主が原状回復の義務を負うことはありません。床のへこみについては、自然消耗という解釈になりますから、もしも、大家から費用負担を求められた場合は、しっかりと理由を確認する必要があります。

鍵の交換にかかった費用

長年賃貸物件に生活していると、鍵を失くしてしまったり、破損してしまうといったことがあります。このような場合の負担に関しては、借主の負担となります。鍵を失くす、あるいは破損というケースにおける責任は貸主ではなく、借主側にあるという解釈です。ただし、鍵の交換であれば、貸主が負担するのが通常です。この鍵にかかる費用については、賃貸借契約を結ぶ際に、契約書に明記されているので、確認しておくとよいでしょう。

江別市の賃貸マンションは、賃貸なので、一戸建てのように面倒な手続きも特になく簡単な手続きで、入居できます。