以外にみんな知らない!?賃貸物件を探すときに重要なポイント

良い賃貸物件の探し方

賃貸物件を探すときは、現在はほとんどの人がインターネットで調べると思います。不動産会社へ行っても、営業マンは人気のない物件を勧めてくることも多いです。人気のある物件は放っておいても契約がとれますから、人気のない物件をさばく事が営業マンの腕の見せ所でもあるからです。なので、あらかじめインターネットで良い物件を探しておいて、不動産会社を訪れたらすぐに見学をさせてもらうようにするのが時間の無駄がなく賢いやり方です。しかし、不動産会社の人は営業をするためにもできるだけ店舗に足を運んでもらうとするので、実際はすでに契約が決まっている物件も、「空いていますよ。店舗まで来てくれますか?」という返事をすることがあります。複数の候補を探しておくようにしましょう。

賃貸物件を選ぶポイントとは?

賃貸物件を選ぶポイントとしては、同じマンションなら上の階の方が断然お勧めです。上の階のほうが日当たりも良く、騒音に悩まされることも少ないです。上の階の足音に関して苦情が出るという話はよく聞くので、その意味で最上階は最も勝ち組であると言えるでしょう。さらに、最上階で角部屋なら最高です。最上階は通常、家賃が高めに設定されていますが、マンションによっては下の階と家賃が変わらないというケースもありますので、そういう部屋は狙い目と言えます。しかし、死人が出たとか、いわく付きの物件である可能性もあるので、しっかりとチェックしておきましょう。コンビニや飲食店が1階にあるマンションは一見すると魅力的ですが、ゴキブリがわくといったトラブルが起きることもあるのでやめておいた方が無難です。

人気の物件ほど審査は厳しい!審査のポイントは?

良い物件を見つけても、審査に通らなければ意味がありません。審査は不動産会社と大家さんが行いますが、大家さんがOKを出してくれるかどうかが重要です。当然ですが、人気のある物件ほど審査は厳しくなっています。不動産会社の担当者はある程度そういった事情は把握しているので、電話でとある物件を見せてもらうように予約したのに、別の物件を紹介された場合には、「この人ではあの物件は厳しいな」と判断されている可能性があります。服装や話し方、礼儀作法なども見られるので、不動産会社を訪れる時はきちんとした服装で行くようにしましょう。保証会社をつけた場合には家賃の回収はほぼ約束されているので、人物的な評価のほうが重要になる可能性が高いです。

帯広の賃貸マンションは、北海道の大自然を求めて脱都会組による帯広移住で人気が出ています。賃貸価格が安いことと、間取りが広いことも魅力なのです。